男性ホルモンが原因?

さて、では育毛剤にはどのような効果がありますか。AGA治療薬として用いられるプロペシアを一例に考えてみましょう。そもそも、私達の薄毛を進行させる原因には、『男性ホルモン』が関係していることは、多くの方が理解していることです。ただし、誤解されがちなのは男性ホルモンが多く分泌されれば薄毛が進行する、という情報です。

それは正確ではありません。正しくは、多く分泌された男性ホルモンが「テストステロン」から、「ジヒドロテストステロン」へ変化することが、問題なのです。それは、5aリダクターゼという物質が生成されることを助けてしまい、薄毛を進行させてしまう原因となります。最初に挙げたプロペシアには、この5aリダクターゼの生成を抑える役割があるのです。

育毛剤は、基本的に長期的な付き合いになります。即効性は無いので、私達は忍耐強く育毛剤を使っていかなければなりません。ただし、途中でやめてしまう人がいるのも事実です。効果が出ていないと思ってしまうからです。もちろん、全員が全員に効果が現われるわけではありませんが、その効果には個人差があります。ですから、まずは長期的に使ってみること、それと同時に、生活そのものにも問題が無いか、考えてみることができます。